検診(続)

 叔母の家には、2匹の犬と6匹の猫が居ます。
 叔母は、捨てられている犬や猫を見ると連れて帰って来てしまうのです。
 猫の場合、自転車に乗せて病院に行く事が出来るのですが、犬は無理があるので病院に連れて行かなければならない時は、必ず私に電話をしてくるのです。
 先に書きましたが(下の記事)2年前、マロの手の甲には直径2センチくらいのシコリが出来ていました。
 最初の診断では、前足の付け根から切断するか 足首から先だけを切断するか どちらにしても切断するしか方法は無いと言われました。
 叔母は、3日間考えて どうしても切断だけは避けたいと先生に相談したところ、シコリだけを切除して投薬治療をする方法で様子を見ましょうと言う事になりました。
 切除後は、毎週 術後の経過を見せる為と注射に通い 徐々に2週間に1回 月に1回と間隔が空いて今は2ヶ月に1回になりました。
 動物の場合、癌は今までの治療実績と言うものが少ない為、先生も初めてのケースで実験的に投薬をする様でした。
 2年間、再発しなければもう大丈夫と先生に言われているので 一安心・・・

 うちの実家で飼っているコロも、10年前に叔母が連れて帰って来ました。
 震災で、姫路に住む所を求めて来た方が飼えなくなった為に捨てられてしまったようで、人に慣れているせいか いつも買い物の帰り見かけるとついて来たそうです。
 コロも、歳を取り少し足元がおぼつかなくなってきましたが、食欲はまだまだ有るので元気で居て欲しいと思います。
[PR]

by takuakaharu | 2005-01-25 22:57 | 今日の出来事